So-net無料ブログ作成
検索選択

記憶の“下ごしらえ” [勉強一般]

勉強した事を記憶する際には、一手間かけることが大事です。内容を理解し納得する事はもちろん、他の知識との関係を確認したり、覚えやすいような特徴は無いか探したりすることも有効です。


これらの作業は少し時間がかかりますが、料理の“下ごしらえ”と同じように、結果に大きな差をもたらします。


例えば、公式を覚えるときにはその公式を自分で導けるかどうか確認したり、単語や用語を覚えるときには反対の意味のものや紛らわしいものを確認したり、数字を覚えるときにはピッタリの語呂合わせがないか考えてみたり、・・・。


普段からこのような習慣をつけることで、記憶は堅固になります。また、関連知識を頻繁に確認する事で応用力もつきます。


 


タグ:記憶
nice!(0) 
共通テーマ:資格・学び

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。