So-net無料ブログ作成

記憶と復習が勉強のキー・ファクター [勉強一般]

受験勉強がうまく行くかどうかは、いろいろな要因に依存しています。そのなかでも大きな要因(キー・ファクター)は、


① 知識を記憶する。
② その知識を使えるようにする。


という2点だと思います。簡単な試験なら、①だけでも結構得点できてしまうかもしれませんが、難関試験ともなれば②は必須です。


①に関して重要なのは、「復習の仕方」です。復習の仕方さえ正しければ、①でそんなに困る事はないはずです。


復習の仕方のポイントは、1回の学習で覚えようと思わないこと。少なくとも4~5回の復習をするなかで記憶できればよいと考えて、勉強のスケジュールを組む事です。


当然、復習の回数を多くこなさなければならないので、1回の復習の時間を短くする工夫も必要でしょう。


また、記憶の性質から言って、第1回目の復習は時間を空けずに行うのが効果的です。出来れば1時間後、遅くても1日以内がよいですね。


タグ:記憶 復習
nice!(2) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 2

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。